おすすめオーディオブック-東大教授が教えるやばい日本史-

2019年9月14日

面白いオーディオブックを探している方「日本史や歴史物が好きで楽しく学びたい。教科書的な勉強はしたくないから、内容はライトなものがいい」

 

という悩みに答えてくれる1冊です。

 

以下で記載していく内容は僕が実際にオーディオブックを聞いてみて気になった部分の内容のサマリと意見や感想です。

 

 

自分はダメだ、、なんて思う必要はない。歴史上の人物ですらやばいところがある

著者について

著者は本郷和人さん(東大史科編纂所教授)、和田ラヂヲさん(漫画家)、横山了一さん(漫画家)、滝乃みわこさん(編集者・ライター)の4人となっています。

 

この本はオーディオブックではなく、書籍で買うと中身は漫画イラストも入っています。

 

より楽しく知識が伝えれるようになっているんですね。

 

歴史上の人物ですら、やばいところがある

この本の構成として、歴史上の偉人たちの「すごい部分」と「やばい部分」を紹介するという構成になっています。

 

通常、テレビや教科書でみるのは豊臣秀吉は天下統一を果たしたすごいやつだ!みたいな知識ばっかりですよね。

 

遠い目で「すごいなー」って感想しか抱けない感じのやつです。

 

ところがこの本では「やばい部分」も紹介しているので、あんな成果を残している人でも聖人君子ではなくダメな部分があるんだなと勇気付けられます。

 

例えば、先にも書いた豊臣秀吉といえば「信長にもできなかった天下統一を成し遂げたすごい人」というイメージとか「草履を懐で温めるやつ」というイメージかと思います。

 

しかし、出世した秀吉は浮気を繰り返したり、子供ができるととんでもない親バカとなってしまう一面があったそうです。

 

他にも徳川家康が「天下人となったが、武田信玄が怖すぎて脱糞してしまったことがある」

 

紫式部は「源氏物語でベストセラー作家になったが、清少納言に夫を侮辱されて激怒してしょうもない応酬をした」

 

織田信長は「天下統一にチャレンジし、桶狭間の戦いでは兵力10倍の差を埋めて勝利した。

 

しかし、武田信玄に第六天魔王信長より、という厨二病丸出しの手紙を出したりもしている」

 

真田幸村は「敵軍に討ち取られそうになったときに「俺の首をとって手柄にしな」というかっこいい言葉を残したが、結局流罪で済んだ後に、お金と酒を兄にたかるような生活を送った」

 

などそれぞれにダメな一面があります。

 

それに対して、「でもこの人たちはダメな部分を凌駕するくらいのすごいことを成し遂げているから、やっぱり自分とは違う」と考えてしまうかもしれません。

 

歴史上の偉人たちからどうすれば大きな成果を成し遂げられるか見てみましょう。

 

自分の「好き」や「長所」を伸ばす

先ほどの歴史上の偉人たちはそれぞれ自分の得意なことにフォーカスしたからこそ成功したのではないでしょうか?

 

秀吉は「ただの太鼓持ちではなく、信長にも愛される最強の太鼓持ち」となりました。

 

紫式部はただの日本史オタクだったが、時間をかけて源氏物語を書き上げたからこそ成功しました。

 

偉人は自分の長所に対して圧倒的にリソースを割いたからこそ偉人なんだと思います。

 

短所を直すのと、長所を圧倒的に伸ばすなら長所を伸ばす方が成功しそうに思えませんか?

 

つまり長所:短所=5:1、よりも長所:短所=10:10の人の方が成功しそうじゃないですか?

 

偉人のように突き抜けた長所を伸ばしたいものです。

 

 

オーディオブックを買いたいけど、もっと安く買う方法がないか探している方はよければこちらもご参考にご覧ください。

»【裏ワザ】オーディオブックを最も安くお得に買う方法

 

Twitterでブログ更新や情報発信してますよければフォローお願いします(・∀・)

  • この記事を書いた人

たか

副業ブロガーの「たか」です。 「アーティストのように好きなことで自由に生きるために必要な勉強」について発信しています。勉強・副業・投資などの発信がメインです。 気軽にTwitterフォロー・リプなどいただけたら嬉しいです(・∀・)

-BOOKS

Copyright© ARTなSTUDY , 2021 All Rights Reserved.