【2019】オーディオブック用におすすめのイヤホン【Bluetooth】

2019年11月6日

イヤホン探索中の方「今使っているイヤホンだと満足できないので、オーディオブックを聴くときに出来るだけクリアに聴こえたり、使いやすいものを探しているのでおすすめを知りたい」

という悩みに答えていきます。  

 

この記事をみていただくと、迷わずにおすすめのイヤホンを購入することができます。
他のサイトでは5つとか20個の商品が出てきて正直どれを買えばいいかわからない人におすすめです。

 

価格帯も5000円以下のものを2つしか紹介しません。ちゃんと意味のある2つの商品の紹介をします、僕は2つを使い分けています。

 

この記事を書いている僕は、オーディオブックと音楽が大好きなので、365日イヤホンを使用するヘビーユーザーなのと、イヤホンもなんども買い換えています。
なので、おすすめする分には問題のないくらいにはイヤホンを試しています。

 

オーディオブックにおすすめのイヤホンの特徴

Bluetoothは必須条件

今やほとんどの方がBluetoothイヤホンかとは思いますが、まだ有線を使っている方にはBluetoothイヤホンをお勧めします。


本当に人生が変わるレベルです。

 

その有線も含めて現在世の中には「Bluetooth・有線」に関して3種類のイヤホンがあるので、その特徴を書きます。

 

【有線】
・メリット:充電の必要がない。安価なものが多い。
・デメリット:満員電車や移動中などとにかく線が邪魔。

【Bluetooth - イヤホン同士を繋げるコードあり(ネックレス式)】
・メリット:コードレスなので邪魔にならない。一時的取り外し能力に優れている。
・デメリット:チャリで使うときなどは、片耳の方がぶらんぶらんして邪魔。

【Bluetooth - 完全ワイヤレス】
・メリット:線が全くない快適さ。片耳だけで使いやすい。
・デメリット:一時的に取り外したときに少し邪魔。

 

上記のような特徴があります。オーディオブックを聴くなら電車の中や運動中でも聞きやすいようにBluetoothは必須です。

 

なので僕がおすすめする使い分けのシーンは以下になります。

 

【有線】
夜行バスや長距離の飛行機などで充電が切れるかもしれない状況の時に使用する。
ただし、最近のBluetoothイヤホンは電池が長持ちするので基本いらない。

【Bluetooth - イヤホン同士を繋げるコードあり(ネックレス式)】
自転車に乗る時以外のデイリーユース。

【Bluetooth - 完全ワイヤレス】
自転車に乗る時に片耳だけつける。
友人と片耳ずつシェアして音楽を分かち合う。

 

つまりは、「有線」のイヤホンは基本的に必要ありません。では残りの「ネックレス式」と「完全ワイヤレス」に関しては個人の趣味もあるかと思いますが、自転車に乗るなら完全ワイヤレス式が必須だと思います。

 

また、彼氏・彼女がいる方にも「完全ワイヤレス式イヤホン」がおすすめです。


なぜならデートの時に一緒に音楽をシェアできたりするからです。花火を見ながらaikoの「花火」を聴いてみたりとか(・∀・)

 

では「ネックレス式」は何がいいのか?
それは買い物とかする時にお金渡す時に一時的にイヤホンを外したりすると思いますが、その時にネックレス式だと首にかけられて便利です。


完全ワイヤレス式だといちいちケースを出さないといけないんですよね、、片方の手で持っているのもなんか嫌だったりとか。

 

そんなわけで僕は「ネックレス式」を使うことが多かったりします。運動に関してはどっちの無線も使いやすいのであまり差がつきません。

 

カナル型イヤホンであること

カナル型イヤホンってなあに?というと、いわゆる耳を完全に塞げるタイプのイヤホンです。

 

対するカナル型じゃないやつは「インナーイヤー式」と呼ばれる昔からあるやつで、耳の形状によってはポロポロ落ちます。写真でお見せしますね。

 

左の写真が「インナーイヤー型」。右の写真が「カナル型」です。僕は「インナーイヤー型」だとすぐに耳から落ちるので使っていません。

 

基本的には耳にフィットする方が音質もよく感じるし、運動中もつけられるので「カナル型」がおすすめです。

 

音質が良いこと

これは結構大切ですよね。良い音質でオーディオブックを聴くと、聴いていて心地がいいのでオーディオブックももっと聴きたくなると思います。

 

なので、やはりここは少しお金を出してでもワンランク上のものを買う方が良いです。
でも何万も出す必要全然ないのでご安心ください。

 

価格が手頃であること

今回僕は高いイヤホンをおすすめする気はないので、本気で音質にこだわる方は他のサイトをみた方が良いかもしれません。

 

僕が価格が手頃なものを勧める理由は「価格が手頃なのに普通に音質が良い」からです。あとで紹介する2つのイヤホンなら基本的に及第点を多くの人からもらえると思います。

 

おすすめのイヤホン【厳選2種類】

今までの説明を踏まえて今回紹介するのは、以下の2つのイヤホンです。

 

Mpow S11 Bluetooth イヤホン

AAC&apt-X 高音質コーデック対応 IPX7水没可能 ブルートゥース 5.0 マグネット搭載 12時間再生 全スマホ対応 CVC6.0通話ノイズキャンセリング高中低音バランス ワイヤレス イヤホン 250時間待受け ハンズフリー通話可 Siri/音声アシスタント対応 リモコン操作可 日本語取扱説明書付 18ヶ月間保証 ブラック

 

 

実際の画像も掲載しますね。

 

 

こんな感じです。この「Mpow S11」の良い部分を以下に記載しますね。

 

  • しっかりしたケースが付いている
  • 耳のフィット感を調整できる
  • 音質は低音も綺麗に聞こえるし、非常にバランスが良い
  • 価格が3,000円程度で買える
  • 最大12時間電池がもつ

 

ケースは結構必須アイテムです。カバンの中に入れる時にはそのまま入れると「ぐちゃっ」となったりするので。

 

この値段でこれだけの内容ならいい買い物をした、という感覚です。

 

SoundPEATS TrueCapsule 完全ワイヤレスイヤホン

【バイオセルロース振動板採用・メーカー1年保証・Bluetooth5.0・高音質・防水・自動ペアリング・低遅延・クリア通話】 Bluetooth イヤホンTWS ブルートゥース ワイヤレス コスパが高いデザイン 両耳 マイク内蔵

 

 

実際の画像です。

 

この商品の良い部分はこちら。

  • ケースが充電器になっている。
  • ケースが小指サイズにコンパクト
  • 音質はクリア系で、低音はちょっと弱い感じ
  • 耳へのフィット感がすごい(Appleに引けを取らない)
  • 価格が4000円程度で買える
  • デザインがかっこいい
  • 最大24時間再生(ケース充電を使った場合)

 

写真でわかってもらえるかと思いますが、めちゃくちゃコンパクトなんです。全体的にかっこいいし、Appleのイヤーポッズの価格を考えるとこっちの方がいいんじゃない?と個人的には考えています。

 

自転車に乗っても絶対に落ちないくらいのフィット感も気に入ってます(片耳だけつけてます、両耳だと危ないので)

 

あった方が良いもの

やはり気になるのはバッテリー切れですよね?

 

なので、1台だけでもモバイルバッテリーがある方が安心なので一応おすすめを出しておきますね。

10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー【PSE認証済/PowerIQ搭載】 iPhone&Android対応 *2019年10月時点 (ブラック)

 

結構ど定番の商品です。しかしやっぱり使いやすいサイズ感なんですよね、、、。容量も十分あります。

 

まとめ

おすすめのイヤホンは以下の2つです。コスパがいいので、どれを買うか迷ったら是非。
その考える時間をオーディオブックを聴くことに回して時間を有効活用してもらえたら嬉しいです(・∀・)

 

 

オーディオブックに関してもっと安く購入できたらいいのにな、と思っている方はこちらも参考にしてみてください。

【裏ワザ】オーディオブックを最も安くお得に買う方法

続きを見る

 

Twitterでブログ更新や情報発信してます。よければフォローお願いします(・∀・)

  • この記事を書いた人

たか

副業ブロガーの「たか」です。 「アーティストのように好きなことで自由に生きるために必要な勉強」について発信しています。勉強・副業・投資などの発信がメインです。 気軽にTwitterフォロー・リプなどいただけたら嬉しいです(・∀・)

-BOOKS

Copyright© ARTなSTUDY , 2021 All Rights Reserved.